朝日レントゲン

アーム型X線CT診断装置
オージェソリオ シリーズ

「診断に役立つ」鮮明で高精細な画像品質と、5.7inchタッチパネルによる優れた操作性。
AUGE SOLIOは、歯科治療で求められる多彩な画像診断ニーズに、
独自の技術と豊富なノウハウで応えた先進のオール・イン・ワン・システムです。

特に、需要の高まるCT撮影においては、歯科用コーンビームCTの特長である高解像度撮影に加え、
広域な撮影範囲と患者さんにやさしく正確なポジショニングシステムで、精緻な画像診断を実現。
半世紀を超えて受け継がれる、朝日レントゲンのメイド・イン・京都のクラフトマンシップが、
新しい感動とホスピタリティをお届けします。

特長

「診断に役立つ」鮮明で高精細な画像品質と、5.7inchタッチパネルによる優れた操作性。
AUGE SOLIOは、歯科治療で求められる多彩な画像診断ニーズに、
独自の技術と豊富なノウハウで応えた先進のオール・イン・ワン・システムです。

NEOSMART(CT画像再構成機能)*オプション

CT撮影後に、かんたんな操作で様々な画像再構成を行うことが可能です。

■金属アーチファクト低減
独自のMARアルゴリズムにより、インプラント等による金属アーチファクトを軽減することが可能です。360°撮影と合わせて、よりアーチファクトの影響の少ない画像を得ることができます。

NEOSMART(CT画像再構成機能)

NEOSMART(CT画像再構成機能)

■高精細画像再構成
FOVを縮小することで、ボクセルサイズの小さな、通常より高精細な画像を得ることができます。
撮影した画像を用いるので、再撮影を行う必要がありません。

■シャープ
鮮明な画像になります。

■スムース
滑らかな画像になります。

■散乱線補正
硬組織の輝度値を安定させます。

■ビームハードニング補正
インプラントのフィクスチャ間のアーチファクトを軽減させます。
※各撮影モードによって、使用できる機能に制限があります。

トモシンセシス機能 Tomosynthesis

トモシンセシスモードのパノラマ撮影では断層幅30㎜のデータを取得でき、位置付けの失敗による、前歯部のボケを鮮明に表示することが可能です。
※小児・オルソでは、パノラマ画像データの取得領域が異なります。

トモシンセシス機能(Tomo Synthesis)

■断層幅30㎜の領域の画像データから、前歯部の最適な断層位置で自動表示ができます。

■パノラマ撮影軌道を前歯部と左右歯部ごとに調整でき、患者さんの歯列形状にあわせた画像を表示することができます。
※保存した軌道の修正はできません。

■1㎜間隔31枚の画像データから、より鮮明な画像を表示できます。

デンタル切出し

●10・14枚法でのデンタル画像の切出しができます。

●切出し領域の設定や画像の修正ができます。

●切出したデンタル画像は保険対応できます。

※一回の撮影において複数の診療報酬区分を
算定することはできません

画像の歪みを解消する「ワイドアーム設計」

新設計のワイドアームにより、透過するX線が平行に近い線を描き、歪みのない高精度な画像を得ることができます。

画像の歪みを解消する「ワイドアーム設計」

モーションアーチファクトを防ぐ「ヘッドサポートシステム」
患者さんに負担をかけず、頭部を確実に固定するヘッドサポートを導入。ブレによる画像の影響を限りなくゼロにし、高精細画像を実現します。 モーションアーチファクトを防ぐ「ヘッドサポートシステム」
鮮明な画質を実現する「360度撮影」

金属物によるアーチファクトを低減するために、360度回転する撮影方式を導入。撮影角度が大きいほどアーチファクトによる画像への影響を抑え、シャープで高精細なCT画像を提供します。
※患者さんの位置付けによっては270度の場合もあります。

CT撮影エリアの上下移動が可能な「CTポジションシステム」

患者さんの位置付け後、CT撮影機構の上下動をワンタッチで行えます。患者さんを動かすことなくCT撮影エリアの上下調整を行えるため、患者さんとオペレーターの負担を大幅に軽減します。

CT撮影エリアの上下移動が可能な「CTポジションシステム」

CT撮影エリアを正確に設定できる「予備撮影機能」

CT撮影エリアの前後・左右・上下方向で撮影位置補正ができる予備撮影機能により、CT撮影エリアを正確かつ確実に設定できます。設定後は、撮影機構が自動的に補正位置へ移動し、目的の診断領域を確実に撮影できます。撮影位置設定ミスによるCT再撮影を防ぎます。

CT撮影エリアを正確に設定できる「予備撮影機能」

充実の4機種をラインナップ

CTの撮影範囲、セファロ撮影の有無、セファロ撮影タイプによって4機種をラインナップしております。

充実の4機種をラインナップ

※歯科用CT(CBCT・コーンビームCT)について
一般的な医科用CT(MDCT)は、多方面からのエックス線を扇状(ファンビーム)に照射しますが、歯科用CTでは円錐状(コーンビーム)のエックス線を照射して撮影します。
医科用CTに比べて、歯科用コーンビームCTは高解像度・被曝線量が少ない・金属アーチファクトが少ないなどの利点があります。

※ソフトウェアの機能は、厚生労働大臣が基準を定めて指定した医療機器の附帯的な機能リストに認められているものに該当します。

撮影モード

様々な症例に対応する撮影範囲のモードを搭載

歯列・顎関節部を撮影出来るDモード。全歯列エリアを撮影出来るIモード。顎関節・全顎・ 顔面頭蓋をカバーするA・Pモード。歯科治療の目的に合わせ、最適な撮影モードを選択できます。

CT撮影モード

D-mode φ51×55mm ボクセルサイズ 0.1mmD-mode φ51×55mm ボクセルサイズ 0.1mm

I-mode φ97x100mm ボクセルサイズ0.19mmI-mode φ97x100mm ボクセルサイズ0.19mm
(φ80x90mm ボクセルサイズ約0.15mmでの再構成表示可能)

2D撮影モード

パノラマ12秒(通常)パノラマ12秒(通常)

パノラマ9秒(高速)パノラマ9秒(高速)

TMJ側面3秒(×4)TMJ側面3秒(x4)

TMJ正面3秒(×2)TMJ正面3秒(x2)

上顎洞8秒上顎洞8秒

CMOS(CM Type)

セファロ(側面)4秒セファロ(側面)4秒

セファロ(側面)2.9秒セファロ(側面)2.9秒

セファロ(正面)4秒セファロ(正面)4秒

手根骨 4秒
手根骨 4秒

導入事例

はただ歯科医院(2)
畑田健志先生

アナログフィルムに比べても画質は素晴らしいです。
また、昔のフィルムは劣化して見えないことがありますが、デジタルだとデータで保管できるので、長期的な保存性もいいです。
手現像から比べて作業効率もあがりました。

橋本歯科医院
橋本雅範先生

選定理由は、朝日レントゲンさんが共同開発された「骨粗鬆症判読支援 画像処理プログラム」のNEOOSTEOに対応しているというのが条件でした。
加えて、装置サイズ、画質、CT撮影モードなどについて各社検討し、総合的に納得した上でAUGE SOLIO購入を決定しました。

脇本矯正歯科医院
脇本康夫先生

朝日レントゲンさんの画像は素晴らしいですし、他社比較はあまりせずに決定しました。
今まで朝日レントゲンさんの装置を使用していたので、今後も同じように使用できるという安心感に加えて、私は朝日レントゲンというブランドは矯正の画像診断分野でNo.1だと思っています。また、セファロ画像の画質を重視しました。

関連製品

アーム型X線CT診断装置AUGE SOLIO CR・DR対応セファロ撮影モデル

AUGE SOLIOのCR・DR対応セファロ撮影モデルです。

アーム型X線CT診断装置AUGE SOLIO CR・DR対応セファロ撮影モデル
mailmagazine

PAGETOP