朝日レントゲンは歯科用レントゲン機器(CBCT・パノラマ・セファロ・デンタル)・ソフトウェアの国内メーカーです

スタッフブログEnglish

朝日レントゲンホームスタッフブログ > スタッフの声

「スタッフの声」カテゴリーの記事一覧

 

 

今回は私が所属する安全管理室の業務についてお伝えします。

 

「安全管理」という言葉を聞いて、どのような業務を思い浮かべますか?

 

 

「会社の全従業員の安全と健康を管理し、

 ケガや病気の発生・拡大を未然に防止する。」

 

 

こんな業務をイメージされた方もおられると思いますが、

安全管理室では従業員の安全を管理しておりません。

 

 

 

朝日レントゲンは医療機器メーカーです。

製品の安全管理、つまり医療従事者の方や患者様の安全が対象となります。

 

 

 

「GVP省令に基づく製造販売後の安全管理業務」と言ってしまうと

馴染みがないのでわかりづらいと思いますが、

簡単に言いますと安全情報の収集と分析を行う業務です。

 

 

 

医療機器の市販後監視において、

品質・安全は重要な位置付けとなっており、

日々いろいろな所から情報を収集しています。

 

 

 

その数ある情報の中から、

 

「これは使用する医療従事者の方に危険が及ぶのではないか?」

 

「これは患者様が予期せぬ動作をした時に危険が及ぶのではないか?」

 

といったように、入手した情報を多種多様な視点から監視し、

いち早く危険性を察知することから始まります。

 

 

 

さらに、危険性を察知した際には、それを分析し、対策の検討・立案を行い、

いち早く医療従事者の方や患者様の安全確保に動く。

安全確保にはわかりやすいところで、

リコールや使用方法の注意喚起等があります。

 

 

 

ただ、市販後ですので、安全管理室が表に登場する場面は、

お客様に迷惑をかけている場面がどうしても多くなります。

 

 

 

そういった意味では、表にはあまり登場しない方がいい部門と

言った方がいいのかもしれません・・・。

 

 

 

このように、間接的ではありますが、

安全管理室の業務は医療従事者の方や患者様の安全につながっています。

 

 

 

私共の部署だけではなく、朝日レントゲン全社員が日々、

品質・安全について考えながら業務を行っていますので、

皆様には製品を安心して使用していただければ幸いです。

 

 

 

今回は、私が所属する営業支援係の仕事についてお伝えします。

“営業支援”-わかるような、わからないような名前ですね(笑)

 

 

私が担当する仕事は、お客様と直接ふれ合う機会はほとんどありませんが、
多くの方に、一度はご覧いただいていると思います。

 

 

カタログ、ノベルティ、チラシや広告、プロモーションビデオ、ホームページ…


それぞれに共通するのは、
お客様に “朝日レントゲン工業” という会社や、当社製品を知っていただくこと、
そして、ご購入いただくまでのお客様との“出会いづくり”です。


さて、そんな数多くの “出会い” の中から、
今回は各地域で開催される展示会・
デンタルショーについて、ご紹介したいと思います。

 

 

 

【企画編】
全国には大小様々なデンタルショーがありますが、その準備は数か月前から始まります。
まずは主催者の方から出展の「募集案内」を受け取ることからスタートです。

 


あらかじめ、決められた年間計画をもとに、
展示のコンセプトは何か、何を展示するのか、検討します。

 

 

開催場所の各地域営業所とコミュニケーションをとりながら要件をまとめていくのです。

展示の企画全体に影響するため、この最初の要件が最も大切になります。

 

 

この時点ではまだ、展示ブースの広さや形はわからず手探りですが、
展示台の大きさなどは統一されているため、
ある程度ブース内のレイアウトを検討することが可能です。


社内だけではなく、ブース設計を専門とする協力会社の方とも、

要件の実現化に向けて打合せを繰り返していきます。

 

 

 

 

 

 

そして、要件がまとまれば、それを満たす展示ブースの広さ(小間数)を申し込みます。

 

 


さて、ここで“運命の分かれ道”があります・・・

実際の小間の大きさと位置(小間割)は、抽選会で決定されるのです!

 

 

 

人通りの多い会場入り口近くの場合もあれば、もちろん奥のすみっこの場合もあったり…

抽選会の結果しだいでは、最初の要件を修正する場合もあります。

 

 

 

【設計編】
さて、ブースの位置と大きさが決まれば、
いよいよ本格的なブース設計の検討が始まります。


ここからは、先ほどもご紹介したブース設計の協力会社の方とタッグを組んで、具体的な設計をしていきます。

 

最終的な立体構造物をイメージしながら、平面な図面と毎日にらめっこです。

ブースの入口は人が通れるか、展示装置をご覧いただくスペースは狭くないか・・・。

 

 

 

 

この仕事を担当するようになってから、

普段の生活でも「この通路幅は人が通るには狭いな」とか
「ここの天井は高さ2.7mぐらいだな」という感覚が身につくようになりました。

 

図面を確認して、要件を満たすように修正依頼→協力会社様が図面修正→また図面を確認

ということを繰り返します。

 

こちら側を修正すれば、反対側に影響が出る・・・

 

全体の整合性をとる作業は、難解なパズルのようでもあり大変です。

しかし、徐々に形が出来上がることに楽しみや、やりがいも感じる作業でもあります。

 

 

 

【設営編】
いよいよデンタルショー前日は、ブースの設営と展示品の搬入です。

図面上のブースが、現場で組み上げられていく光景を見ると、いつも感慨深くなります。

 

 

 

 

 

しかし、これで終わりではありません。

 

ここからはブースの細かな部分に目を光らせていきます・・・。

綿密に設計していても多少の調整が必要だったり、図面と微妙に異なる部分が発生したりするので、その場で設営作業員の方と修正していきます。

 

 

 

最後に、展示装置やPCを搬入・設置して、ようやくデンタルショー当日に

皆様をお迎えできるようになります。
ここまできて、ようやく少し胸をなでおろすことができます。

(しかし、展示会の本番は土日。商談数や来場者の結果がわかるまではドキドキが続きます…)

 

 

 

 

 

 

まだまだ至らぬ部分があり、精進しようと奮闘する毎日ですが、

展示会にご来場いただいたときに、

「このブースが完成するまでに、あんな裏話があったんだな」と、

すこしでも思い出していただけたら幸いです。

 

 

当社の出展予定の展示会や学会の情報はこちらからご確認いただけます!

 

 

昨今の「新型コロナウィルス感染症」の影響で、

さまざまな展示会・学会が中止という残念な報せが続いていますが、

また皆様を笑顔でお迎えできるよう、社員一丸となって乗り越えてまいります。

2020年2月7日

新人営業マンの一日

カテゴリー:スタッフの声

みなさんこんにちは!

2月に入り、かなり冷え込むようになってきましたね…。

 

 

ですが!

 

 

本社、関西営業所にはその気温の冷え込みに反比例する営業マンがおります!

 

 

それが僕です。(自称)

 

 

今回は関西営業所に勤めて約1年の新人営業マンがお送り致します。

 

 

 

僕の一日は挨拶から始まります。

 

 

「おはようございます!」

 

 

挨拶のテンポ、声の張り、まだ挨拶ができていない人を発見する洞察力。

営業の面に関してはまだまだ未熟者ですが。

 

 

この点に関しては、現時点では誰にも負けない自負があります。

 

 

一通りの方々への挨拶が終わり、メールチェック!

 

……。

 

来ているのはYahooからのシステムメールだけ…と。

 

 

 

 

 

冗談はさておき!

 

 

 

 

 

 

本日はご購入していただいた医院様の元へ、装置の納入があります。

 

そして夕方には、先輩と同行させて頂き、

商談の様子を見せていただけるとのことで、

自分の持ち物(カタログやデモPC)に忘れ物がないか確認して

 

 

いざ現場へGO!

 

 

 

 

装置の納品には、

サービスの方、カスタムサポート課の方等、

様々な部署の人が応援に来てくれます。

 

 

そういった周りの方の強力なサポートを得ながら、納品は無事に終了。

その後はインストラクターの方が、

医院様へ向けて装置の取り扱い説明を行って下さり、

一連の流れは終了となります。

 

(もちろんその後のメンテナンスも忘れません)

 

 

 

そして夕方に予定していた先輩の商談を見に行きました。

 

商談中も朝日レントゲンの装置の良さであったり、

使い方であったり、

それを滞りなく話していく先輩。

 

 

(フムフム…フムフム…これなら僕でも次はうまくやれる!)

 

 

 といつも思います。

 

 

いつも思うということは…そういうことです。

僕はまだまだ成長過程にあります。

 

 

少し脱線しましたが、そんな熱意を胸に秘めて、毎日奮闘しています。

皆様も何かに奮闘できていますか?

 

 

 

関西営業所 濵松 諒

2020年1月6日

働き方改革

カテゴリー:スタッフの声

明けましておめでとうございます。

今回のブログはCAD/CAM課からお届けいたします。

 

皆様、連休はゆっくりお過ごしできましたでしょうか?

年末年始は、仕事についてゆっくり考える良い機会ですよね。

 

歯科医院や歯科技工所を経営されている方は、

時代の潮流もあり、従業員の働き方について考えることもあるかと思います。

 

そんな中、歯科技工士の働き方改革に効果的な

CAD/CAM装置が発売になりました。

 

 

その名もCeramill Matik

 

 

 

 

主な機能は、

 

 

切削材料(マテリアル)の自動チェンジャー機能付き(なんと最大36枚!)

 

 

装置内でマテリアルやバーの自動在庫管理が可能

 

 

適切なタイミングで加工室内の自動洗浄が行われる等々…。

 

 

とにかく使用者の時間を出来るだけ節約できるように設計された装置です。

 

 

これがあると、

様々な種類の材料をセットして24時間装置を稼働させることが可能ですし、

在庫管理や清掃に時間を取られることもありません

 

それによって従業員の方に時間が生まれ、

残業が少なくなり、

今までよりもアフター5を楽しめるようになるでしょう。

 

また、働き方改革を進めている組織には人材も集まりやすいかと思います。

 

 

 

興味がおありの方は、ぜひこちらのページをご覧ください。

 

 

 

少し宣伝色が強いブログになってしまいました(笑)

ステルスマーケティングではないのでご容赦ください。

 

それでは定時も過ぎたことなので、アフター5を楽しんで来ようと思います。

 

CAD/CAM課

松下 雄貴

2019年12月27日

年末のごあいさつ。

カテゴリー:スタッフの声

北海道に出張中の京都スタッフより、
雪景色の写真が届いております。

とっても寒そうですね…。

 

 

 

 

 

京都本社からお贈りしております。

師走の候、いかがお過ごしでしょうか。

外では霰が降り出し、

事務所のガラスの窓にぱちぱちとにぎやかな音を立てております。

 

 

京都では、つい先日まで紅葉目当ての観光客で賑わっていた印象ですが、

時はすぎ、あっというまに年末ですね。

 

 

みなさまお正月を迎えるご準備はいかがですか。

 

 

私事で恐縮ですが、

我が家では、先日、鏡餅を準備し、

(28日までに準備するのが良いらしいですよ)

明日からはおせち料理の準備をはじめようか…。といったところです。

 

 

12月は時節柄、みなさま慌ただしく過ごされたのではないでしょうか。

 

 

そして今日は、12月最後の金曜日。

 

「年末年始も通常通りの仕事やで!」

という方もたくさんおられるかとは思いますが、

 

 

「よし、今日が仕事納めや!大掃除するで!!」

と言う方も多いのではないでしょうか?

 

 

かく言う当社も、

本日が年内の通常営業最終日となっております。

年末年始休業のお知らせはこちらからご確認ください…。

 

 

 

さて、今年2019年2月より、

待望?の朝日レントゲンスタッフブログがスタートし、

 

展示会レポートやスタッフの声など、
Facebookとは一味違った話題をこのブログから配信させていただきましたが、

 

 

みなさま、お付き合いいただきまして、誠にありがとうございました!!

 

 

来年も、HP、Facebook共に盛り上げてまいりますので、
どうぞあたたかい目で見守ってくださいますよう、

よろしくお願いいたします。

 

 

そして、
みなさまにお喜びいただける製品造りはもちろん、
サポート面でも、今まで以上にみなさまのお心に響くよう、

誠心誠意努めさせていただきます。

 

 

どうか、2020年も朝日レントゲン工業をよろしくお願いいたします!!!

 

 

それではこれにて簡単ではございますが、

年末のご挨拶とさせていただきます。

 

みなさま、お身体どうぞ御自愛ください。

 

どなたさまも、良いお年をお迎えください。

 

 

朝日レントゲン一同

カテゴリー

最新の記事

過去の記事

朝日レントゲンメールマガジン

朝日レントゲン工業開発の歴史

朝日レントゲン facebook

このページの先頭へ

プライバシーポリシーサイトマップ

© 2018 ASAHIROENTGEN Ind.Co.,Ltd.