朝日レントゲンは歯科用レントゲン機器(CBCT・パノラマ・セファロ・デンタル)・ソフトウェアの国内メーカーです

スタッフブログEnglish

朝日レントゲンホームスタッフブログ > IDS2019レポート!

2019年3月27日

IDS2019レポート!

カテゴリー:レポート

3月12日から16日にドイツのケルンにて開催された

世界最大規模のデンタルショー『IDS2019』ですが、

無事、盛況のまま終了することができました。

 

 会場であるケルンメッセは、全ブース総面積が17万㎡と非常に大きく、

これは、東京ドームのグラウンド約13個分に匹敵します!

 

また、世界中から2,327社もの出展があり、

来場者は166ヶ国から、

2年前の15万5千名をさらに上回る16万名以上と

過去最大を記録する来場がありました。

 

2年に一度開催される、世界中が大注目するIDSですが、

朝日レントゲンブースへも、たくさんの方にご来場いただきました。

 

 

朝日レントゲンの武器である『画質のきれいさ』を

世界の歯科医療を担う世界中のデンティストの方々に、

広く知っていただける良い機会に恵まれした。

 

朝日レントゲンの装置を販売している世界各国

(アメリカ・カナダ・フランス・オランダ・台湾・タイ・インドネシアなど)

に一台でも多くのCTやパノラマ装置が設置されるように

精一杯努力していきたいと思います!

 

 

 

さて、ケルンといえばケルン大聖堂が有名ですよね。

ケルン大聖堂は実は現在3代目のものだそうです。

 

1代目が完成したのはなんと4世紀のことで、

現存する最も古い聖堂の内のひとつです。

現在の形になったのは、1880年で、完成した当初は世界一高い建築物でした。(157m)

 

 

 

これは実際に弊社のスタッフがケルンで撮影した写真ですが、

威厳に溢れていて、その厳かな雰囲気は写真だけでも圧倒されます。

 

大聖堂の中は、はめ込まれた細やかなステンドグラスが美しく窓を彩り、

 

当時世界最大の高さを誇ったことは伊達ではなく、

突き抜ける高い天井から差し込む光は、とても美しく大聖堂を照らしていて、

まるで絵画の中に紛れ込んだかのような情緒に溢れていました。

 

IDSが開催されるドイツ、ケルンは、

観光地としても心躍る良い街です。

皆様も、2年後に開催が決定しているIDS2021へのご参加をぜひご検討ください。

 

 

〜おまけ〜

こちらは、会場であるケルンメッセの食堂でのランチメニュー。

・茄子とパルメザンチーズとサラミのサラダ

・キッシュ

 

 

ランチひとつとっても、なんだかおしゃれですよね。

日本のデンタルショーとはまた、趣の違ったグルメが楽しめました。

 

皆様、最後までお付き合いありがとうございました!

 

このページの先頭へ

プライバシーポリシーサイトマップ

© 2018 ASAHIROENTGEN Ind.Co.,Ltd.