朝日レントゲンは歯科用レントゲン機器(CBCT・パノラマ・セファロ・デンタル)・ソフトウェアの国内メーカーです

中文English

朝日レントゲンホーム製品情報歯科用CT > アーム型X線CT診断装置 AZ3000CT series(販売終了)

製品情報

アーム型X線CT診断装置 AZ3000CT series(販売終了)

アーム型X線CT診断装置 AZ3000CT seriesは2015年9月20日をもって、販売を終了致しました。
下記の代替え製品をご検討ください。

代替え製品:アーム型X線CT診断装置 SOLIO X

CT・パノラマ撮影が可能なコンパクトデザインのCT複合機で、最大φ90mm×91mm(H)のCT撮影が可能です。

代替え製品:アーム型X線CT診断装置 AUGE SOLIO

CT、パノラマ、セファロ撮影が可能なオール・イン・ワン・CT複合機で、最大φ230mm×164mm(H)のCT撮影が可能です。

アーム型X線CT診断装置 AZ3000CT series
  • 特長
  • 撮影モード
  • 仕様

特長

360°回転で高精密な画像※1

装置の各筐体に強固なアルミ合金鋳物を採用し、歪み、ねじれを押さえ、全周にわたって高精度を維持することを重視しました。また、アーム部のX線管球側とFPD(フラットパネルディテクタ)側に高度な独自の技術を駆使し、回転軸のぶれ(歳差運動※2)を防止。高精細で診断能の高い画質を実現しました。

※1 患者さんの位置付けによっては、270°回転の場合もあります。
※2 歳差運動(さいさうんどう)とは、自転している物体の回転軸が、円を描くように振れる現象のこと。

●180°撮影と360°撮影
投影角度が大きいほどアーチファクトの広がりを抑えることができます。360°撮影による精度の高い画像は、より正確な治療の方向づけに役立ちます。

導入しやすいコンパクト設計

従来パノラマ装置サイズのコンパクトCT装置です。
設置に必要な面積はW1480×D1480×H2300(mm)、重量は約280kgと当社従来CT機種の約1/2程度です。既存のX線室の大規模な改造を必要としないコンパクトな設計を実現しました。
※AZ3000CTCの場合

歯科用CT(CBCT・コーンビームCT)について・・・
一般的な医科用CT(MDCT)は、多方面からのエックス線を扇状(ファンビーム)に照射しますが、
歯科用CTでは円錐状(コーンビーム)のエックス線を照射して撮影します。
医科用CTに比べて、高解像度・被曝線量が少ない・金属アーチファクトが少ない、などの利点があります。

このページの先頭へ

撮影モード

●セファロ撮影可能
セファロ側面撮影は最短2.9秒と高速で撮影することができるCCDセンサーを搭載しています。また、独自の画像処理により、高品質で鮮明な画像を取得することが可能となり、より精密な診断に最適です。

●豊富な撮影モード

CT

D-mode(デンタルCTモード)

D-mode(デンタルCTモード)

Panoramic

デジタルパノラマ

デジタルパノラマ

CT

I-mode(インプラントCTモード)

I-mode(インプラントCTモード)

TMJ

TMJ 四分割(側面)

TMJ 四分割(側面)

Cephalometric

セファロ Cephalometric

セファロ側面 2.9秒セファロ側面 4秒セファロ正面 4秒

このページの先頭へ

仕様

一般的名称 アーム型X線CT診断装置 デジタル式歯科用パノラマX線診断装置
販売名 エー・ゼット3000シー・ティーシリーズ
型式 AZ3000CT/AZ3000CTC
定格電圧 100V,50Hz/60Hz
電源容量 2.0kVA
高電圧発生器 インバータ方式(80kHz)
管電圧 60~100kV(1kVのステップ)
管電流 1~12mA(1mAステップ)
焦点寸法 0.5mm
総濾過 2.8mmAl(min)
撮影モード CT デジタル
パノラマ
TMJ4分割(側面) セファロ(AZ3000CTC)
Dモード Iモード Aモード※2 側面 正面
F.O.V./
撮影範囲(mm)
51X55(H) 79X80(H) 116X80(H) 96(H) 短時間 通常 正面
180(W)
X220(H)
180(W)
X220(H)
200(W)
X220(H)
撮影軌道 成人・小児
撮影部位 正中 L8~L1 R8~L1 正中 L-TMJ R-TMJ
ボクセル
サイズ
0.1mm 0.155mm 0.226mm
拡大率 約1.6倍 約1.3倍 1.1倍
撮影時間 短時間:8.5秒(180°)、
通常17秒(360°※1)
17秒 16.8秒 12秒 短時間:2.9秒
/通常:4秒
4秒
受像部 FPD(フラットパネルディテクタ) CCDセンサー
位置づけビーム 3ビーム(レーザービーム、クラス2)
総重量 280kg(AZ3000CT) 314kg(AZ3000CTC)
医療機器の
分類
管理医療機器 特定保守管理医療機器 設置管理医療機器
認証番号 220AABZX00034A01

※1 患者さんの位置付けによっては、270゜回転の場合もあります。
※2 オプションです。

装置の使用環境

温度 5-35℃
湿度 30-80%
気圧 700-1060hpa

推奨設置寸法

推奨設置寸法

AZ3000CT series製品カタログ(PDF)

アーム型X線CT診断装置

AZ3000CT series 製品カタログ(PDF)

ファイルサイズ:844KB

カタログダウンロード

関連製品

NEOPREMIUM(ネオプレミアム)

2D・3Dの画像を管理・表示できる統合型ソフトウェア
“NEOPREMIUM(ネオプレミアム)”。
高精細画像、先進の画像処理機能、やさしい操作性・デザイン性をすべて備え、新たにバージョンアップして登場。一歩先ゆくプレミアムの世界へ。

> 詳細はこちら

デジタル画像情報ソフトウェア NEOPREMIUM(ネオプレミアム)

デジタル画像情報ソフトウェア NEOPREMIUM

このページの先頭へ

サービス

朝日レントゲンでは、製品導入後も安心してお使いいただけるよう、「保守メンテナンス契約」、「電話によるサポートセンター」、「導入・操作サポート」など、様々なアフターサポートサービスをご用意しております。

>保守サポート詳細はこちら

保守サポート詳細

お問い合わせフォーム

営業所・ショールーム

歯科用X線製品

耳鼻科用X線製品

朝日レントゲン工業開発の歴史

このページの先頭へ

プライバシーポリシーサイトマップ

2016 © ASAHIROENTGEN Ind. Co., Ltd.