朝日レントゲンは歯科用レントゲン機器(CBCT・パノラマ・セファロ・デンタル)・ソフトウェアの国内メーカーです

中文English

朝日レントゲンホームニュース・イベント製品情報 > 京都大学との共同開発:CT金属アーチファクト低減機能 販売スタート

ニュース・イベント

2017年9月22日

京都大学との共同開発:CT金属アーチファクト低減機能 販売スタート

カテゴリー:製品情報

京都大学 医学研究科 杉本先生と朝日レントゲン工業技術部との共同開発された、
CT金属アーチファクト低減機能 (仮)NEO DYNA MARは、独自の画像処理技術により、インプラント、
補綴物等の金属により発生するアーチファクトをCT画像から低減することが可能な機能です。
 
(仮)NEO DYNA MARと朝日レントゲン独自の技術により、アーチファクトの少ない、
より精度の高い画像を得ることができます。
ご使用のソフトウェアにオプションでバージョンアップが可能となりました。
 
保守契約に御加入頂いています医院様には特別価格でのご提案をさせて頂きます。
尚、サーバーPCの仕様によってはサーバーPC、グラフィックボードの買い替えが必要となる場合があります。
詳しくは営業担当者、もしくは最寄りの営業拠点までご連絡ください。
 
<対応機種>
・Alioth、AZ3000CT
・Augeシリーズ
Auge Solio シリーズ
Solio Xシリーズ
 
画像は下記をご参考ください。
 
CT画像再構成機能 CT画像再構成機能

カテゴリー

最新の記事

過去の記事

朝日レントゲンメールマガジン

朝日レントゲン工業開発の歴史

このページの先頭へ

プライバシーポリシーサイトマップ

2016 © ASAHIROENTGEN Ind. Co., Ltd.