朝日レントゲン

Cases導入事例

骨粗鬆症判読支援 画像処理プログラム 「NEOOSTEO」導入事例

橋本歯科医院様

橋本 雅範先生

院長紹介

橋本 雅範(はしもと まさのり)先生

昭和53年 東京歯科大学 卒業
平成元年 橋本歯科医院 副院長
東京歯科大学衛生学講座 非常勤講師
平成7年 橋本歯科医院 院長
名古屋市立大磯小学校 学校歯科医
平成10年 愛知学院大学歯学部口腔衛生学講座 非常勤講師
平成10年 愛知学院大学歯学部口腔衛生学講座 非常勤講師
平成12~20年 愛知県歯科医師会調査室 次長・参与
平成15~16年 愛知県生活習慣病対策協議会歯科保健対策部会 委員
平成19~23年 愛知県歯科医師会骨粗鬆症連携推進委員会 委員長
平成25~26年 愛知県歯科医師会学術部 次長
平成25年~ 南区歯科医師会 副会長
平成27年~ 愛知県歯科医師会 理事
日本学校歯科医会 理事
日本骨粗鬆症学会 歯科連携委員会オブザーバー
書籍

口腔疾患の予防方法と予防プログラム-WHOの指針(口腔保健協会)
衛生士のための歯科用語小事典(クインテッセンス出版)
歯と口の辞典(東山書房)

NEOOSTEO導入までの経緯

平成26年1月 X線撮影装置の更新を検討
平成26年2月 NEOOSTEOがAUGE SOLIOに対応
平成26年8月 弊社名古屋ショールームにご来社いただき導入決定
平成26年10月 医院のリニューアルに際して先行導入

骨粗鬆症判読支援 画像処理プログラム 「NEOOSTEO」をご導入、ご使用いただいている橋本歯科医院の
橋本先生に、導入に至る経緯と導入後の感想についてお話を伺いました。

NEOOSTEOを導入されようと思われたきっかけは何だったのでしょうか?

愛知県は8020運動の発祥の地で、当初毎年秋に開催されていた歯科保健大会では、8020を達成された高齢者を表彰させていただいていました。その高齢者の方々を対象に健康調査を行った結果、歯が20本以上残っている高齢者の方は、歯が19本以下の高齢者の方に比べてDXA法により骨密度が高いということが判りました。
そうした調査を行っているなかで、広島大学歯学部(現在:松本歯科大学歯学部教授)の田口明先生のパノラマX線写真による骨粗鬆症スクリーニングの研究を知りました。その田口教授にご指導いただき、愛知県ではモデル事業として平成15年から、全県下では平成19年秋から健康寿命の延伸に役立つ取り組みとして、歯科医院でのパノラマX線写真による骨粗鬆症スクリーニングが行われています。現在では、愛知県下にある約3250の歯科医院のうち約半数が骨粗鬆症連携協力歯科医院となり、医科の協力医療機関との間で連携が取られています。

その田口教授の研究グループが開発された[骨粗鬆症判読支援のための画像処理プログラム]が、朝日レントゲン工業(株)のNEOOSTEOということで、当初からぜひ医院に導入したいと考えていました。CTの導入も検討していましたので、今回併せて導入することとなりました。

導入して良かった点を教えてください。

私はNEOOSTEO導入前からパノラマレントゲンのフィルムを用いて、骨粗鬆症のスクリーングを行っていました。NEOOSTEOは画像処理結果のポイントがモニター画面上のパノラマレントゲン画像に表示されるので、患者さんに対しての説得力があります。
朝日レントゲンさんのシステムでパノラマ撮影を行うと、撮影後すぐにレントゲン画像がチェアサイドのモニターの画面上に表示されます。骨粗鬆症判読支援のための画像処理結果もソフトウェアの簡単な操作ですぐに表示できるので、患者さんへの骨粗鬆症の疑いがあるという説明作業も行いやすくなりました。

また、田口教授の長年の研究や臨床データをベースとした画像処理プログラムですので、信頼性が高いシステムです。
骨粗鬆症患者さんは日本に約1300万人いらっしゃるといわれていますが、そのうち実際に治療を受けていらっしゃる方は200~250万人といわれています。それ以外の方というのは、骨密度が低いにもかかわらず治療を受けていらっしゃらないわけです。
歯科医院で骨粗鬆症の疑いがあるかどうかを判定することで、骨密度が低いにもかかわらずまだ治療を受けていない方、骨密度が低いことに気付かれていない方に、骨折する前に気付いていただくことができれば、早期の治療や生活改善などで、将来の骨折を予防できる可能性が高まります。歯科疾患の診断のために歯科を受診していただいた際に、骨粗鬆症の疑いがあることを発見できるというのは、患者さんにとっても非常に大きなメリットです。

患者さんの反応などはどうでしたか?

歯科受診の際にパノラマ撮影を行うのは歯周病やう蝕などの歯科疾患の診断のためですが、そのパノラマ画像から骨粗鬆症のスクリーニングができることに患者さんは大変驚かれます。「歯医者さんでこんなことが判るのですね。」「素晴らしいですね。」と言った声が多いです。
ご自身で健康だと思っていらっしゃる方でもパノラマ画像での骨粗鬆症スクリーニングを行ったところ、骨粗鬆症の疑いがありと判定されて、医科に紹介させていただいた結果、確定診断で骨密度が低いと判明したケースも多くあります。その方はご自身でも気付かれていなかった早い時期から治療を受けることができ、とても感謝されました。

患者さんが待合室の骨粗鬆症スクリーニングのポスターをご覧になって、骨粗鬆症の疑いがあるかどうか調べてほしいと要望されるケースもあります。骨粗鬆症については、自分では気になっていたり、関心があっても、自覚症状がないために、骨粗鬆症の検査・検診のためだけに受診するまではいかないことが多いようです。そういった点でも、歯科医院で気軽に骨粗鬆症スクリーニングができるというのは大変有用なことです。

先生の今後の展望を教えてください。

骨粗鬆症治療中の方では特にBP製剤あるいはデノスマブ製剤投与等によりONJ発症のリスクが生じますが、当医院では骨粗鬆症の方に対して、日頃からの口腔清掃、早めのメンテナンス、定期的な健診などで、お口の中をきれいにしていくということを心掛けています。骨粗鬆症の患者さんへの口腔ケアはとても大切とされています。
骨粗鬆症の方は早期に歯を失われるという論文や骨密度が低いと歯が少ないという論文もあります。また、骨粗鬆症性骨折としての大腿骨頸部骨折はわが国では年間15万人以上に達していると推定されています。骨粗鬆症のスクリーニングを一人でも多くの歯科医師に取り組んでいただき、健康寿命の延伸に歯科から貢献できれば素晴らしいと思います。そうした観点からもNEOOSTEOは、とても有益かつ優れていると感じています。

本日は、貴重なお話をどうもありがとうございました。


mailmagazine

PAGETOP